アメリカで広がるモバイル決済

アメリカはカード社会として有名ですが、どうやらここ最近ではスマートフォンを利用したモバイル決)が普及してきていて、ひょっとするとクレジットカードが消滅するのではないかとも言われているようですよ。

日本はまだまだカード社会とは言いづらく、国の安全性からいまだに現金主義となっていますが、欧米などでは既にスマホによる個人間送金が普及しているようで、「Just venmo me」というフレーズが市民権を得ているようです。

venmo

venmoって何???と思ってしまいますが、どうやらこれはvenmo(ベンモ)というようで、スマホやタブレットといったモバイル端末を利用し個人間での送金や決済を可能にするアプリのことのようで、誰でも簡単にダウロードできるのだそうです。

このアプリのコンセプトというのが、日本では考えにくいのですけど、どうやらアメリカでは友人から借りたお金を小切手で返すのはごく一般的なことのようで、その小切手を書くのは面倒なうえ、受け取っても現金化するために、わざわざ銀行に行く必要があるのだそうです。

そこで、そのような面倒くささをスマホで解消してしまおうということでこのアプリが生まれたようで、さらにこのvenmoの人気の秘密として「割り勘」機能というものがあるのだそうです。

しかも、頭の固い日本人には理解できませんが、どうやらこのアプリ、SNS機能も搭載されているようで、その便利さから、爆発的に人気となったのだそうです。

しかも、このvenmoを使うために必要なのは銀行口座とスマホだけでいいようで、さらにカードを利用しなければ手数料が無料なのだそうです!!!

そりゃ、流行りますよ。
手数料無料なら、私だって使いたいくらいです。
(日本の銀行の手数料って、馬鹿になりませんからね。)

しかし、モバイル決済の普及が、クレジットカードを消滅させてしまうかも知れないなんて考えると、世の中の進歩の速さについていけなくなっていきますね。

カテゴリー: クレジット · タグ: