JCB

JCBもロシアでの決済業務停止

ロシアのウクライナ侵攻を受け、クレジットカード大手JCBも、ロシア国内での決済業務を14日以降停止するのだそうです。

これはアメリカの大手クレジットカード会社のマスターカードとビザが、ロシアでのカード決済事業を停止したことに追随した形となります。

JCBによれば、ロシア国内で発行されたカードは同国内では使えるようですが、国外では使えないのだそうで、ロシア国外で発行されたカードは同国内で使用できなくなります。

JCBは「各国の制裁措置を踏まえ、法令・契約に則って必要と考えられる対応を実施してきた」とし、「同地域の情勢と、決済サービス会社としての確実な業務の提供可否に鑑み、ロシアにおけるJCBネットワークの提供を停止することを決定いたしました」とコメントしています。

また、アメリカン・エキスプレスも、ロシアによるウクライナ侵攻を受け、ロシアとベラルーシでの事業を停止すると発表しています。

クレジットの国際ブランドでは、中国やアメリカ系が大半のシェアを握っており、米調査会社のニルソン・リポートによれば、2020年の世界全体の国際カードブランドの流通枚数は151億枚に達し、このうち、中国銀聯(ユニオンペイ)が59%を占め、ビザ(23.5%)、マスターカード(15.4%)、日本のJCB(0.9%)と続くのだそうです。

そんな中、ロシア最大手国営銀行のスベルバンクは「2つのブランドを統合した「ミール・銀嶺」というクレジットカードを発行する可能性を検討している」のだそうで

KIDOGS

KIDOGS、クラブ誕生

日本におけるチャレンジャーバンクを目指すナッジ株式会社が、次世代型クレジットカード「Nudge(ナッジ)」において、2月3日より「KIDOGS」を新たにスタート。

「KIDOGS」クラブについて

普段の買い物などでNudgeカードを使うと、利用金額の一部が「KIDOGS」の支援につながり、クラブユーザーは、利用金額に応じて認定NPO法人キドックスから活動のアニュアルレポートや見学ツアー招待などの特典をもらうことができます。

認定NPO法人キドックスについて

KIDOGS(キドックス)は、引きこもりや不登校などで社会で居場所が見つからずに孤立し悩んでいる子ども若者達の支援と、捨て犬の保護活動を組み合わせた「ドッグ・プログラム」を運営する認定NPOで、茨城県南部を拠点とし、保護犬カフェの運営や若者の自立支援・就労支援などに取り組んでいます。

Nudgeとは

Nudge(ナッジ)は、普段使いで「好き」を応援できるVisaカードで、カフェやコンビニなど、普段の買い物で使うだけで、好きなスポーツチームやスポーツ選手、アーティスト(カード申し込み時に選ぶ「クラブ」)の応援に繋がるだけでなく、応援先からの、Nudgeカードだけの特典をもらうことができます。

アプリから申し込みすることができ、基本無料で使うことができ、世界中のVisa加盟店で利用可能で、
AIなどを用いた独自審査を行うため、学生やアルバイト、フリーランスでも作りやすいクレジットカードとなっています。

Tile

三井住友カード Tile

スマートトラッカー(忘れ物防止タグ)のパイオニアであるTile Inc.が、世界初となる「Tile」機能を搭載した、Visaカード「三井住友カードTile」を発表しました。

「三井住友カードTile」は三井住友カード株式会社と、SB C&S 株式会社のパートナーシップ、またTileからの技術サポートにより開発された商品。

「三井住友カード Tile」は、クレジットカードの安心・安全に対する取り組みを業界内でも率先して進めてきた三井住友カードと、世界で累計4,000万個の販売実績を持つスマートトラッカー「Tile」の日本総代理店であるSB C&Sが手を組み、当社からTile機能搭載に関する技術サポートを提供し、世界初のVisaカードとして実現。

カードのサイズや厚みを変えることなく、ICチップの搭載やタッチ決済にも対応していて、従来のクレジットカードと同じように利用することができ、さらに「Tile」の機能により、カードを紛失した場合でも、スマートフォンとカードの接続が切れた場所をアプリで確認することができます。

三井住友カード Tile

「三井住友カード Tile」はクレジットカードながら、「Tile」と同じ機能を搭載しており、物理スイッチとスピーカーも内蔵されているので、スマートフォンのボタンを押せばカードが鳴り、カードのスイッチを押せばスマートフォンを鳴らす相互機能も使用することができます。

部屋やバッグの中でカードやスマートフォンが見つからない場合は、どちらかのスイッチを押せば音で見つけることができるだけでなく、Tileと同様、スマートスピーカーにも対応しているので、スマートスピーカーに呼びかけてカードの音を鳴らすといった使い方も可能で、このTile機能を使用するため、1,000回以上の屈曲テストをクリアした超薄型バッテリーを内蔵しています。

カードの薄さ(0.76ミリ)に収めることのできる新開発のEMVチップは充電端子も兼ね、付属の専用充電器でフルに充電した場合、最長半年間の利用が可能となっていて、万が一充電が切れたとしても、クレジットカード機能の利用に影響ありません。