初めて借金しようといった人なら

国内銀行が2018年1月からカードローンなどの個人向けの新規貸し出しに関して、即日の融資を取りやめる見通しとなったので、いまさらなのですが、『即日融資』を謳っていても、各ローン企業ごとに、即日に融資を実行することができる時間帯がまちまちとなっていることは、ご存知でしたか?

借り換え

一般的に、消費者金融をランキングの形で公開しているサイトは数多くありますが、個人個人が何を欲しているのかによって、調べるべきサイトは違ってくるので、まずはどのようなメリットがあるのかを自分で調べてみましょう。

特に比較検討するときに認識しておくべき点は「無利息でキャッシングできる期間はいつまでか」「借入金即日受け取りができるかどうか」、「収入証明書を提示しなくてもローンを組めるか」です

一年間の収入の3分の1を越すような融資を申し込むというようなことはありませんか?
2010年に施行された改正貸金業法によって規制された総量規制というのは、個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みのことで、消費者金融を利用する際の一番のネックになります。

しかしながら、総量規制の適用対象となるのは、私人が資金を融資してもらうという時です。それ故、個人であっても事業用の資金を借り入れする場合は、総量規制の対象からは除外されます。


カードローンの借り換え

カードローンの借り換え先を選ぶ際、貸し付け金利がどの程度低くなっているかも重要なのですが、それ以上に必要最低限の資金を提供してくれるかどうかが大切です。

また、よく混同されやすいのですが、「借り換え」と「おまとめ」は異なるもので、その違いは、対象となる貸金契約の数が異なっているところで、対象となる貸金契約が1つだけの場合は「借り換え」となり、複数の貸金契約を1つにまとめる場合が「おまとめ」というように呼ばれます。

さて、この「借り換え」や「おまとめ」などのカードローンを利用する場合、注意しておきたいことがあります。

それは、今借りているローンの支払状況で、滞納などがあるのは気をつけてください。
年収がどんなに十分にあったとしても、現在利用しているローンの返済に問題があると、事前審査で落ちてしまいます。
ましては直近で、返済の遅れなどが生じているなら、期日に遅れず返済している実績をつけてから、申し込んだほうが得策です。

 

借入金をひとまとめにするなら

「日を跨ぐことなくお金を借りたい」という場合、どの消費者金融に申し込むのかが重要になってきます。

近頃のキャッシングは、幅広いニーズに応えるため、即日融資にも対応できるようになっているのですが、当日中にお金を借りるためには「インターネットでの申し込み」など、クリアしなければいけないルールが設けられているので、事前にしっかりとチェックしておきましょう。

胸元からお金

消費者金融については、比較的カードローンの審査は甘めだと言え、銀行の審査を通過できなかった人でもOKになる場合があります。
ただし、甘めとは言え、稼ぎがないような人は利用不可だということは理解しておきましょう。

銀行が提供しているフリーローンの長所は、言うまでもなく低金利であるということで、ローン限度額も高めに設定されており、借り手としてとても好都合であると言えます。

おまとめローンを検討する

おまとめローンを検討する際、どんな人でも「どこにお願いすると得なのか?」という問題にぶつかるのですが、審査が通る通らないに関わらず、まずは銀行系をチョイスすべきで、借入金をひとまとめにするなら、ともあれ低金利が適用される銀行を選ぶべきです。

というのも、低金利ではないおまとめローンに鞍替えした場合、借り手側には一切メリットはありませんし、負担が大きくなるだけです。

話題のカードローンの借り換えとは、金利負担や返済の負担を少なくするために、今利用している借入先とは違う金融機関に乗り換えることを指していて、複数のカードローン会社のうち、どこを選択するべきか比較する場合に確認しておくべきポイントは「無利息の適用期間はどのくらいあるのか」「申し込み当日の振込が可能なのか」「収入証明書を準備しなくても融資を受けられるか」などです。

審査が比較的厳しいと言われる銀行が市場導入しているフリーローンは低金利ですし、消費者金融が展開しているフリーローンと比べると、ぐっと返済負担を軽減することができるのが利点です。

カードローンの審査

カードローンの審査でチェックされるのは、一定の稼ぎを得ているかどうかで、その審査は年々厳格になってきており、正規雇用されていない人などは審査に落ちることが多くなっています。

カードローンの審査において消費者金融で融資申請する際に、収入証明書として提示される事が多いのが給与支払明細書で、この明細書が用意することができないのであれば、書類提出が求められない銀行カードローン一択となります。

最近人気となっている無利息キャッシングは「新規契約時のみ」という条件で利用できる場合が多いですが、借り入れ金を全て返すことができれば、それから先も無利息で借金できるところも存在しているようですね。

収入がゼロの方は・・・

近年のキャッシングの申込方法は、パソコンやタブレットなどのIT機器を使用して行うのが主流となっていますが、完全無人の自動契約機もまだまだ健在です。

初めて貸付を申し込む人であれば、一年間の収入の3分の1を越すほどの融資を申し込むことはありませんでしょうから、総量規制の壁に行き当たるようなこともないでしょう。

ウイークデーの即日融資であれば、審査に受かったら直ちに口座に入金してもらうことも可能ですし、カードローン用のカードを使って、自分で必要な分だけ出金するということもできます。

全国に支店を持つような消費者金融を選べば、申込時に「在籍確認は書類で行なってほしい」と依頼すると、電話による在籍確認不要でお金を借りることが可能になるケースもあるのだそうですよ。

クレジットカード

緊急時に助けとなるキャッシングですが、どうせ借り入れするのであれば、ちょっとでもお得になるよう、無利息キャッシングを提供している業者を利用すべき。

消費者金融においては、総量規制によってご自身の年収の3分の1を限度とする金額しかキャッシングできません。そういうこともあり、本人の年収を把握するためと返済能力があるかを判定するために、収入証明書がいるわけです。

ネットでも散見される総量規制とは

「貸金業者が一般の消費者に際限なく貸付をすることがないように!」という目的で、「個人の借り入れ合計額が年収の3分の1より大きい額になってはいけない」というように規制した法律が総量規制で、収入がゼロの方は、総量規制により制約を受けるキャッシング会社からはどう頑張っても貸してもらうことは不可能となっています。
そのため主婦がローンを組めるのは、都銀や地銀などの銀行だけと言っていいでしょう。

銀行が販売しているフリーローンのメリットは、他に比べて低金利であること。
ローン限度額も高めですし、借り主側としてもとても好都合であると言っていいでしょう。

消費者金融、または銀行の金利には最小値の下限金利と最大値の上限金利があるわけですが、カードローンの金利を比較する際は、上限金利に焦点を当てることが必須です。
即日融資を望むわけは、思いもよらず資金を準備しなければならなくなったからですが、そういう状況の下「収入証明書の準備をお願いします!」と言われても、早々に用意することはできないのが実際のところですよね。

いま、あちこちでカードローンの借り換えを推奨するわけは、まぎれもなく金利を下げられるというメリットがあるからで、一度契約を締結したカードローンの貸付金利は、契約途中ではそうやすやすと下げてくれることはありませんから、乗り換えを行うと考えるべき。

銀行が営んでいるカードローンは、消費者金融のカードローンと比較して低金利に設定されており、かつ総量規制対象外なので、1年間でもらうことになる収入の1/3を超す借入を申し込むこともできることになっています。

総量規制は貸金業法のひとつで、借金の過重な負担を防ぎ、一般消費者を守ってくれる存在ですが、「総量規制に引っ掛かると、決して借り入れできなくなる」というのは間違いです。